ヴァイオリンTestaを作る

久我ヴァイオリン工房
cremonakuga violino

Testaを作る!


ヴァイオリン製作で、渦巻が美しいテスタ、スクロール、ヘッド・・・
d0040395_061057.jpg


だいぶ進行状況遅れていますが・・・・

今日は、ここまでです。

寸法的には、かなり近い位置にあります。
縦、横の寸法を合わせてあります。
ななめ45°方向の寸法は無いため、
写真などを見ながら合わせていきます。彫りの深さも分からないため
写真が命の綱です。
頭の中で、3D想像し、視覚と寸法をイメージしながら、一致させます。

本当にこの作業は、楽しい作業です。音を作り出す表板・裏板の厚さを作っていく作業もドキドキするくらいな作業です。アーチもできていく姿は感動し、F孔も素晴らしい個性で、
箱が出来ると、一段落の感覚があり、
テスタは、総て忘れて、彫刻をしている感覚で、ヴァイオリンを忘れてしまいそうに、集中し、のめり込める仕事です。

出来上がると、満足感があります。
ヴァイオリン製作で一番好きです。
彫り過ぎたり、寸法間違えたりすると、
ショック結構あったりします。

今回は、まずまずの出来で仕上がりそうです。
ニスを塗って美しいテスタがみえるような仕上がりを・・・・・!



Viottiのテスタはとてもスリムです。目の幅は40.7mm、先端の幅は11.3mm
d0040395_2340426.jpg

d0040395_23401680.jpg

d0040395_23402658.jpg

d0040395_23403783.jpg



ヴァイオリン製作で、ストラディヴァリ、グァルネリ・・年代も異なるモデルを、そのまま作ろうとする製作手法は、絵画でいう模写のような作業で、とても勉強になっています。ストラドはこう・・・デル・ジェズはこう・・・・
年代も17??はこう・・・・とても難しいですが、本当に勉強になります。


寸法を再確認し、渦巻の外側を彫ります。そして表面をきれいに整え、角を落としていきます。
その前に・・・糸巻き箱の中を彫り込みまないと・・・・


久我ヴァイオリン工房    久我ヴァイオリン工房    久我ヴァイオリン工房

cremonakuga violino cremonakuga violino cremonakuga violino
by cremonakuga | 2012-11-19 00:10 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cremonak.exblog.jp/tb/17189286
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Tastièra(指板)を作る... テスタ・・・・ >>