さあ・・・ヴァイオリン製作です

久我ヴァイオリン工房
cremonakuga violino

ヴァイオリンのTestaを作る・・・

ヴァイオリン工房の朝は豆から挽くモカ・コーヒーの香りから始まります・・・・本当に豆から????インスタントでしょ???いえいえ豆からです。今日は!

d0040395_9123946.jpg

(缶は、Illy 中身は別豆です!)
このモカは、ちゃんとモカの味がします。前回まで継続して飲んでいたコーヒーは豆が変わったようで、豆の色も違ってきました、当然味も変わってきて、本当にモカなんだろうか???ローストの違いあのだろうか???

消費者はそんなに愚かではないと、別なモカへ移行。
この豆は挽いた後の色が、モカだろう きっと・・・・そう思いたいです!
豆も、丁度良いローストだし、色も!
たぶん、そうだろうと思っているカモ・モカ
そんなに拘りは無いのです、ただただ、そこそこ美味しければ良いのです。
美味しくないコヒーは飲む意味がないですよね!
d0040395_9191974.jpg


・・・・・・ということで、ヴァイオリンテスタに!
コピーを製作する場合、いろいろな資料が有ると、とても有効です。
ポスターは、アート的に、写真的に、影などが出来ないように撮影します。
見ていて綺麗ですが、影が無いので立体的に観察できません。
イメージも限定され、実物を、そこから見出すのは とても難しい。
実際に見た記憶に加え、自分で記録した写真は、影を含み立体的なので
こういう時参考になります。
d0040395_9212584.jpg

テスタを作る時、これらの写真を前に置き、見ながら製作します。
ポスターの数値も見ながら、形を実際の形に近づける作業をしますが、
言っているほど簡単ではありません。


出来れば本物を置き 作りたいものです。
本物がある想像で作る。本物が有っても、形を近づけるのは難しいんですけれど・・私にとっては!
この時間は、製作していて、特に楽しい時間です。

箱も楽しいのですが、テスタは、まさに彫刻ですから、とても楽しいです。
以前はテスタを一番最初に作って、テンションをあげていましたが、
最近は、子供のように楽しみは後に取っておきます。
Cremonaに居た時は、よく、市庁舎のストラディヴァリ・Il Cremoneseや、Vesvios(綴りは?)と自作を比べていました。その点は、ヴァイオリンの町、融通がききました。
ピストル持った警備の人に Vorrei paragonare(比べさせてもらいたい)的な事言って至近距離で比べては家に帰り削り、また比べるという作業をしていました。

最初に勢いでテスタ作ると形に勢いがでます。
最後に集中して時間かけ作ると、品良くできます。

朝は豆から挽くモカコーヒーの香りから始まる。
・・・・・・ちょっと気取ってますが、ブログなので体裁よく・・・・・・
ヴァイオリン工房の夜は、Vinoで終わります。


久我ヴァイオリン工房 cremonakuga 久我ヴァイオリン工房cremonakuga
by cremonakuga | 2012-11-16 09:30 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://cremonak.exblog.jp/tb/17174876
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by スーサン at 2012-11-16 11:34 x
確かにバイオリン作りにはワインがありますね。
<< みなとみらいコンサート 今夜は Caffe conce... >>