ストラディヴァリの外観

久我ヴァイオリン工房
cremonakuga violino

Antonio Stradivari 1709

・・・・のモデルのヴァイオリンを作る時、その作る物を、ただそのまま写そうとします。
厚さなどは、修正が必要ですが、外観は、なかなか難しくいつも1挺1挺 微妙に異なり、
そのモデルにより苦労します。

白木の状態では、寸法どうりに作られていても、本当にこれで良いのだろうか???
といつも思います。それは、ほんの少しの寸法の差による表面の膨らみのカーヴは、
寸法では良く分からない程だからです。

また、全体のアーチの高さが同じに作っても、例えば古い楽器が、アーチの高さが、15.5mmだっととします、端の厚さが、3.3mmだったとして、単純に端のTOPからの高さは12.2mmになりますが、、新作で同じ高さで端の厚さを4.0mmで作ると、実際のふくらみ、高低差は、11.5mmになり、0.7mmの差が生じ、新作の方が、フラットになってしまいます。4.0mmの端の厚さで作るにはアーチの高さを16.2mmにしないと同じアーチには出来ません。しかし、そう作ると全体に実際のものより膨らんだ、内部の空気容量が多くなってしまいます。たかだか0.7mmですが、見た目では大きいと思います。横板を0.7mm低くすると、また印象が変わります。どうするか何時も悩むところです。

膨らみを移す時、写真に撮るとそのディティールが見えてくる場合もあります。

パーフリングは、端から3.8mm位の位置に1mmから1,1mmの幅のものが象嵌しています。
通常は端から4mmに1.2mmのものを象嵌します。

このモデルは、全体にデリケートで、ボルド=端の厚さが通常の4mmを切る厚さで、横板から出る寸法も2mmにしているため、パーフリングもオリジナルと同じように象嵌しませんと全体のバランスがおかしくなります。
しかし、内部の厚さは、オリジナルより表板で105%厚くする予定です。今回の1709年は特に繊細な象嵌に努めました。


・・・・・そろそろ内側を削って厚さを調整しよう・・・・
ストラディヴァリウス1709年
d0040395_1344119.jpg

F孔の外側のラインが伸びます・・・
d0040395_131247.jpg

d0040395_1312158.jpg



d0040395_1345898.jpg

右F孔・・・刻みオリジナルと同じ位置です。
d0040395_136398.jpg

左F孔は右にくらべ、少し位置が低くしたため、刻みは、少し上にずらして、左右同じレベルにしました。
d0040395_13143754.jpg

同じ写真を横から見ると違う印象になります。
d0040395_18145182.jpg


久我ヴァイオリン工房   久我ヴァイオリン工房   久我ヴァイオリン工房
cremonakuga violino cremonakuga violino cremonakuga violino
by cremonakuga | 2012-10-16 13:28 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cremonak.exblog.jp/tb/17001735
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ヴァイオリン製作の合間の散歩 微妙な膨らみが、ストラドが見え... >>