ヴァイオリンのアーチを作る。

久我ヴァイオリン工房
cremonakuga violino

私の膝で、微笑むアントニオ・ストラディヴァリウス!
d0040395_13581839.jpg




               ストラディヴァリのアーチを作り出す

製作中の 1709年Marie Hall-Viottiモデルなどに見られるアーチは、
ポスターなどで見る寸法のアーチで作ると実際に(ロイヤルアカデミーのViotti1709)
見た時の視覚的な印象と異なることが分かる。

実際のストラディヴァリのような美しさのアーチの楽器は、なかなかみた事がありません。
同時代のクレモナの名器は、総てそうなっていて美しい。

どこかと言いますと、・・
・・・・特に裏板の渕の象嵌(パーフリング)から中央へのアーチが違うのとに気が付く。

なぜかと考えると・・・・・・

パーフリングを入れそこを丸ノミで一回りを一周彫ります。
そうすると、それまであったアーチとの段差ができます。
その段差を均す時に、気持ち的にどうしても、完全に均そうとしてしまいます。
自然に完全に分からなく均すと、それはそれで美しいのですが、
実物とは、美しさが違う形になってしまいます。

好き好きですが、
ストラディヴァリの陰影で、形のふくらみが 裏は、おまんじゅうのよに見えます。
そう見えるためには、そう作るのではなく、
結果的に、効率的な作業工程で、不完全な完全な作業をすることのようです。

完全おまんじゅうのように、丸く作るのではなく、輪郭を絞ることで、ふくらみにしています。

一番高い部分からの大きなアーチの「ふくらみ」は角度があり、次になだらかな「ふくらみ」が渕まで、
パーフリングの一番小さなアールのノミを入れ、そこを均す時、なだらかな「ふくらみ」馴染ませながら曲面をつなげます。
パーフリングのアールを感じるくらい残しながら、最初のTOPからのアールが大きいと面がつなげにくくなります。

・・・・裏を、そう作ることは、ただ見た目や、形だけではなく、音にも大きく関係します。
音的には、表と裏のアーチの作り方の違いにも 大切なことを教えています。

なかなか本物のような美しさの再現は、難しい作業です。
最初の裏板では、盛り上がりが普通に見えますが、同じ裏板でも光線の違いで 
光り方で、丸みを感じます。

おまんじゅうのような、ふくらみは、ふちからくる形・・・・・・
d0040395_12231997.jpg


裏のアーチの高さは、これで14.5mmです。そのわりには膨らんで高く見えます。
裏は実際は14.6mmですが、中から押されて下がり、収縮で縮み、元は、14mmと少し くらいであったろうと、推定します。
d0040395_12233480.jpg


表のーチは現在16mmです。実際のは15.25mmです。駒からの力、収縮で、
元は少なくとも16.0mmはあったろうと思います。

マスキオ材は、模様部分が、組織的に、密度があり、なかなか簡単に平面になりません。
こんなに、模様が多いと、その部分の盛り上がりを一つ一つ削り綺麗なカーヴにつなげるのも一苦労なんですよ!
d0040395_12245167.jpg

d0040395_12251233.jpg

d0040395_12252529.jpg

d0040395_1225353.jpg


写真にし、じっくり見ると、大きな要確認箇所が浮き上がります。
上の板は、横板に仮止めし、輪郭を削り、剥がした修正済の板です。

表板と、裏の板は、合わせて同じに削ることはしていないので、微妙に輪郭は違います。



久我ヴァイオリン工房     CREMONAKUGA VIOLINO    久我ヴァイオリン工房
by cremonakuga | 2012-10-07 13:01 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://cremonak.exblog.jp/tb/16948640
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by スーサン at 2012-10-08 14:25 x
マスキオは模様が格好良いから好きですが、表面仕上げが難しいです。デコボコになり易いです。
Commented by スーサン at 2012-10-08 16:21 x
スクロールのニスの色合いが絶妙ですね!
Commented by cremonakuga at 2012-10-09 20:53
スーさん 、マスキオ、だんだん視力が落ちてきて、カメラでいう、レンズの明るさF値でしょう、微妙な面の変化を見極めるのが難しくなっています。 スクロールニス綺麗ですね!A.S先生のですから!
Commented by ス-サン at 2012-10-11 10:36 x
この色は普通に作っていたら、絶対に出せない色です。溜息が出るほどです。素晴らしい!
Commented by cremonakuga at 2012-10-11 21:33
本当に美しいです・・・そこに魅せられ、実験を繰り返しているんですよ!
<< ストラディヴァリモデル形が現れ... ヴァイオリン表板 >>