ストラディヴァリモデル製作中

久我ヴァイオリン工房
cremonakuga violino

Antonio Stradivari 'Marie Hall-Viotti' 1709
横板を削り始めました。
d0040395_1635775.jpg

d0040395_1642686.jpg

比較した別な横板
d0040395_1644012.jpg

ニールセン35.5cmのカンナ
d0040395_1645231.jpg

d0040395_165318.jpg

d0040395_16516100.jpg

レコードの小型カンナ

d0040395_1654567.jpg

刃は、日本カンナと同じ仕様の鋼が付いた日本製・・・切れ味が持続します。(SAMURAI)
d0040395_165563.jpg

年輪が、少し幅が広いため、厚さをどうしようか思案しながらの作業です。
最終着地をどうするか????
年輪自体は、あまり濃くなく、太くもないが、その間隔が少し広い。ほかのにしても良いのですが、
裏と同じ素材にこだわりたい。
いろいろ試す中で、0.1~0.2mm以内で厚くしたほうが良さそうです。


ほかの種類の板を同じ形にし、指で擦り、その響きで、厚さの修正を調べます。この方法が一番確かです。

その結果
つまり、1.2mmから1.3mmくらいで良さそうです。

一般的な厚さは、1.2mmで
何時もは、普通の素材で1mm強で作るため いつもの感覚からは1.2mmは、少し厚め、一般的な厚さより少し薄めといった感じでしょうか???

このへは、結果音に反映されるので、とても難しいので、いつも悩みぬいて決めます。


横板の音響への役割は・・・・

厚いと、音の通りが鈍くなる。半面、音質に張りが出る。 硬くなる。表板、裏板が薄い楽器の場合、その音質の弱さをカバーすることが出来る。 ライニングは、必要以上に、大きな物で音の通りを邪魔しないよう、比較的華奢な物をつけなければならないと考えます。

薄いと、音の通りが良くなるが、音質が、柔らかくなる=張りが減る。通常サイズのライニングをしっかり付けることが大切になります。

横板が高いと、・・・・・板自体が弱くなり、音の通りが鈍くなり、音質に張りが少なくなり、結果柔らかくなる。また内部空間が増えるので高音も柔らかくなる。うまく使うと音質を弱くではなく、柔らかくできる。

横板が、低いと、・・・音の通りが速くなり、低い分、板が強くなるため、張りが増す。特に高音特性が良くなる。一般的にはシャープな音質になる。低音を鳴りやすく設計することで、レスポンスが良い楽器になるが、普通に作ると、 音質に深味が不足気味になりがち!


行きすぎると、思った音質にならないが、うまくコントロールすると、思ったような音質へ向かうように出来る。
その為には、ラインニングや、表・裏板の淵の形状が大きく関係するので、トータルで行わなければならない。


つまり材質が、その都度異なるので、基本の厚さから、プラスか、マイナスか???が大切となってきます。
そのため、ライニングの材質・種類も大切な要素になります。

どんな楽器を目指すのか?・・・で厚さを決めなければなりません。

どんな材料でも、ストラドモデル、ガルネリモデル、総て同じライニングで、横板厚さ1.2mmでは、思ったような音質へは導けません

言うのは簡単、行うのはいつでも難しいです・・・結果を 少しでも予想に近くするには、表板、裏板の厚さの変化と一緒に横板の厚さは、とても重要です。 そえはいつも勉強です。


久我ヴァイオリン工房    久我ヴァイオリン工房   久我ヴァイオリン工房
cremonakuga violino cremonakuga violino cremonakuga violino
by cremonakuga | 2012-08-31 16:11 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://cremonak.exblog.jp/tb/16725169
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by スーサン at 2012-08-31 18:37 x
ニールセンは切れ味良さそうですね!
Commented by cremonakuga at 2012-08-31 18:43
切れますけれど、日本の刃の小型の方が、長持ちします。外国の刃は、一枚削ると、研ぎ直さないと、横板は切れません!
<< ストラディヴァリウス1709年... ヴァイオリン工房付近のイタリアン >>