Marie Hall-Viotti 1709 は???

久我ヴァイオリン工房
Cremonakuga violino

Stradivarius
Marie Hall-Viotti1709を作る為に、
どうしても疑問が!
d0040395_23333662.jpg



Testa / il violino A.Stradivarius 1709 'Marie Hall-Viotti' / Fotografia di Cremonakuga


謎と疑問が解決した!?
しかし、実際に自分で、確認しないと、すっきりしない。
機会があったら、Viotti の中に入り込み3泊くらいしたい!
ヴァイオリン工房 ・ヴィオラ工房・ヴァイオリン工房・ヴィオラ工房・ヴァイオリン工房
ヴァイオリン工房 ・ヴィオラ工房・ヴァイオリン工房・ヴィオラ工房・ヴァイオリン工房
Cremonakuga violino Cremonakuga violino Cremonakuga violino Cremonakuga violino
by cremonakuga | 2011-06-20 18:03 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://cremonak.exblog.jp/tb/13670310
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by スーサン at 2011-05-30 11:42 x
現代、一般的に作られているバイオリンの板厚は薄過ぎると思います。
バイオリン製作の図面、ストラドポスター等に書かれている板厚分布の厚さが基準になっている気がします。300年経過して板痩せしている事、19世紀中盤のグラフティングの時に"更に鳴らしたい"要望に応えてバイオリン製作家が板を削って対処した結果と思います。バロック時代と比べてピッチが上げって居る現代では寧ろ厚い方が理に適っていると思います。
Commented by cremonakuga at 2011-05-30 20:33
そうですね!適切な厚さが必要・・・・全体の力関係のバランスですね!
ある場所を厚くすると、別なある場所を薄くできます・・・
Commented by はた at 2011-05-31 22:23 x
ミラーで確認できる場所なんですか??
Commented by きん太 at 2011-06-01 20:26 x
初めて書き込みさせていただきます。板痩せというのは、実際にどれくらいの厚みが減った事を差しているのでしょうか?
バロック時代のピッチに合わせて作られている板厚を、「さらに鳴らしたい」要望に応えるために「薄く」削る必要があったという事は、その時点でも、「鳴りが悪い」と思われていたのでしょうか?
Commented by cremonakuga at 2011-06-20 18:26
はたさん!こんにちは・・
暗いから、ライトつければ見られると思います。

Commented by cremonakuga at 2011-06-20 18:27
きんたさん、はじめまして!
少なくとも10%以内で厚さは、薄くなったと考えます・7
<< Guarneri del Ge... 久我ヴァイオリン工房 >>