次ぎのヴァイオリンは、何を製作するのか?

久我ヴァイオリン工房
Cremonakuga violino

写真はCremonaの Vesuvius 1727
d0040395_23402054.jpg


次ぎのヴァイオリンを作る構想を練り始めました。
次ぎはストラディヴァリモデル勿論 'Marie Hall-Viotti 1709'
Marie Hall-Viotti 1709この1年、厚さと、そこから広がる音のイメージを考えつづけてきました。
それらを、既にある、ヴァイオリンの内部で、いろいろ試して、ストラディヴァリの秘密を再現し、確認してきました。

Viottiが所有したヴァイオリンは多数あり、大方はViottiの名がついています。ロイヤルアカデミーのViottiはポスターが有り、有名ですが、ポスターを撮っのは、どうも所有者と同じ苗字なので一族の関係のように察します。
同じ年なので、厚さも表板は似ています。裏板は違います。材質は、同じ木材を使っています。
厚さ、マリエ・ホールーヴィオッティで、寸法は、MarieHall-Viottiで、形は、ロイヤルアカデミーを使います。

しかし、その厚さと、実際に持った時の重さの感覚が、どうしても納得ができません。
とても重く感じたことです。
アクセサリーなどを含めても、どう考えても、あんなに重くならないはずです。
どうしてだろう????
Marie Hall-Viottiは裏板が難しそうです。
実験した、モストラドデルとは、厚さのグラデーションが大きく違うからです。

1年考えても、まだ完全に、なるほど!…と思えない部分があります。
ほかのストラディヴァリのアイデアが、簡単に はまらないからです。
もう少し時間が必要です。

現在90%くらい??

作ることで、 新しいアイデアが蓄積できます。


OleBullは、只今、まだニス乾燥中です。




ヴァイオリン工房 ・ヴィオラ工房・ヴァイオリン工房・ヴィオラ工房・ヴァイオリン工房
ヴァイオリン工房 ・ヴィオラ工房・ヴァイオリン工房・ヴィオラ工房・ヴァイオリン工房
by cremonakuga | 2011-05-25 23:34 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cremonak.exblog.jp/tb/13650861
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Cremonakuga vio... 久我ヴァイオリン工房前には・・・ >>