Giuseppe Guarneri del Gesù 1744

久我ヴァイオリン工房
Cremonakuga violino
 Caffe o Te

Giuseppe Guarneri del Gesù 1744 ヴァイオリンを作る。
グアルネリ・デル・ジェズ(ガルネリ)

やっと、全体の形が、浮き出てきました……

まだ、 ペッグ、ナット、渕を丸めるなど、細部は施していませんが、



Piano
d0040395_2014361.jpg



Fondo
d0040395_2021423.jpg



宇宙船?
d0040395_2025289.jpg



Fasce, (dal lato )
d0040395_2032767.jpg

d0040395_20285075.jpg




OLeBUllは、以外とアーチ高かった記憶が、あります。
持った時、丸まっちくて、手から、滑り落ちそうな気がして、手に不安を感じました。
この久我デルジェスは、アーチ高さハ16mmあります。

アーチの高さも、経年で、木が痩せた分を考えると、17mmにした方が良かったかもしれません。
そのせいか、中心の高さのわりに、渕の厚さが厚く高いので、持った感じに不安は感じません。
次ぎに作る時は、17mmにてみようと思います。

ボルドの角を落とし、いろいろ合わせて現在 総重量 458g
あとは、ペッグ穴を削る、肩当裏を、少し削ることで、ほんの少し軽くすることが可能。
ア! animaを!・・・・
by cremonakuga | 2011-04-14 20:17 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://cremonak.exblog.jp/tb/13382360
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by スーサン at 2011-04-15 09:55 x
切れ味の鋭いライン、ガルネリの線の太い感じが出て”豪快"な音が
出そうですね。
Commented by cremonakuga at 2011-04-16 16:39
音出せました。特に低音が良くでます。
<< del Gesù 1744 O... グアルネリのネックを付ける・・・・ >>