久我ヴァイオリン工房 

ヴァイオリン製作 日記   Caffè o Tè?
Benvenuto a  Cremonakuga violino
- ---Il violino misteriòso--- 
ようこそ 神秘な音を紡ぐクレモナクガ ヴィオリーノへ 
d0040395_01435195.jpg
久我ヴァイオリン工房のヴァイオリン製作は300年前のストラディヴァリ、グァルネリ・デル・ジェズ両先生が残したヴァイオリン名器を通して その神秘的な音創りを教わる・・・

その繊細な技に感動しながらヴァイオリン名器の秘密を紐解く・・・尊敬する師匠達が何を考え、そうしたか???繰り返し 繰り返し 試しながら 想像力を働かせ謎を明らかにし、点を線につなげ 音色という形に再現し現代に蘇らせる。
ヴァイオリン製作 に究極のロマンを重ね・・・ そして自分の技に昇華させ それを音楽という世界に甦らせる・・・・ 製作した楽器の300年後の姿と音を見据えて・・・・・・・・・音の宝石箱であってほしい。 

音を紡ぐ終わり無き旅へ・・・音の紡ぎ人・・・・・・・

のんびり作る様に見える・・・1挺のヴァイオリンの誕生の陰に 表に現れない数多くのヴァイオリンを作るに値する 検証と試みのエッセンスが封じ込められいる事は誰も想像ができない事でしょう・・・・・

またいろいろなヴァイオリンに関する事を書いていますが、基本的な数値や構造的な事は別にして

音創りに関しては私の感性=考えです。人により違いますので、あくまで ご参考までに!・・・・・・
 

音色創りと スローな空気感のブログをご覧いただけましたら幸いです。
普通のヴァイオリンは創りません!





cremonakuga violino Yachiyo in  Giappone
・・・・・・ 最近とみに、誤字、脱字など多々あります、注意していますが、何卒ご容赦ください。 
             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ Kuga Violin Atelier(久我ヴァイオリン工房)  このホームページ/ブログに掲載の文章、写真、イラストなどを 無断で転載したり・複製しないでください。(C) 206 CremonaKuga All Rights Reserved.      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブログの内容は、日々、年々進化しています・・・・・・・・・久我ヴァイオリン工房についての詳細は、右記の項目からご覧ください。 



≪お願い≫
メールで いろいろ楽器のトラブルなど相談、アドバイスを求められますが、いただいたメールには私なりに 親身になり考えを お返事してきましたが、 その後 どうだったのか まったく返信が無い場合が多く、その都度その後を心配しています。 修理をする工房でもなく 単に相談コーナーでもありませんので、そういうトラブルなどは直接楽器店さんで楽器を見て頂き相談していただく事をお勧めいたします。


 今後の主な予定・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



# by cremonakuga | 2017-05-22 14:14 | Trackback | Comments(12)

ヴァイオリンのアーチについて! 難しい~♪

日本バイオリン製作研究会に行って、いろいろアーチについて聞かれた!いろいろなタイプにヴァイオリンを作る中自分自身も いつも難しいと思う。
当然みなさんも難しいのだろう! 実際に難しい。
しかしストラディヴァリでも個体で違う。弟子の手と師匠の手でも違うし、本人でも見本の型を使ってもアーチの高さも違う。雰囲気は同じだ!
Amatiも同じように見な違う。Guarneriも同じように違う。
共通して言える事は、表板でストラディヴァリとグアルネリは
パーフリング・ポイントより内側が低くならないでパーフリングで
一段下がる雰囲気です。

del Gesùeでは内側が低くなってもパーフリングで一段下がるので結果 あまり内側が下がったような感じにならないので貧弱な雰囲気にならない。
アマーティは、パーフリングポイントの内側が低くなるような雰囲気。低くなっても・・・
(表板のCの横アーチの一例です。Amatiは現在製作中の1666年のアーチです。)
d0040395_13042543.jpg
・・・そこから盛り上がる雰囲気。
ストラディヴァリは頂点から豊満に膨らみがなだらかになりながらパーフリングまで下がる。
グアルネリは頂点をピークに二等辺三角形を膨らませたようなあまり膨らまず直線的に膨らみがなだらかにパーフリングまで行きパーフリングで一段下がる。
どんなに低いアーチでもわずかに全体に渕まで膨らんだ雰囲気に感じるのはパーフリングポイントで絞られたようにわずかに低くなるからだ!その限りでないグアルネリもあるようなので、そういう雰囲気が多いとう感じです。
アマーティは頂点の豊満なふくらみから逆カーブになってパーフリングに届く。
ロアーバウツの横アーチではパーフリングポイントより低くなりそうになる。
そのため膨らみが強調されるアマティもある。

裏板は・・また別な難しさがある。表板は上から力がかかりますが、裏板は中の上から下げる力がかかります。
表は太鼓橋のようなカーブのほうが上からに力に強いと思いますが、
裏は弓のようなカーブの方が強いと思います。そのためか裏はパーフリングポイントから内側が低くなるケースが多いようです。
 グアルネリでは何段階か段差が顕著に伺え、コピーを作る時は その段差も表現する。
説明するのも難しい 説明する本人が難しいのですから・・・


(表板のアッパーの横アーチです。総て同じ形は無いのであくまで参考までです。ポスターなどのアーチ図はパーフリング付近は厳密に表現されていませんが、実際にはそこの処理に特徴が現れます。つたない絵でお分かり頂けるでしょうか!)
d0040395_13361965.jpg
製作教室っぽい内容になってしまいました。








# by cremonakuga | 2017-05-22 14:05 | Trackback | Comments(0)

昨日は 東京へ・・・「日本バイオリン製作研究会」と???へ梯子・・・

昨日は 日本バイオリン製作研究会の展示会へ行ってきました。
毎年伺っていますが、楽しみながら作っていらっしゃる方達の作品は、のびのびしていて
いいなあ~と感じました。
ヴァイオリンの試奏のみ聞き帰途につきました。
試奏は、それぞれ個性があって 良かった!

出される方は、一番良い状態にしていなきゃいけないので
結構大変だと思いますが、セッティングに失敗すると
また1年先になってしまいます。

アマの方で素晴らしい音のヴァイオリンが何丁かあった!
素晴らしい!
プロの演奏会で、オールドの良い楽器と一緒に使っても分からないようなのがあった。
しっかり出来ていて見ても素晴らしい!
こうなると作り手は、プロとかアマとか関係ない。
だいたいプロとかアマとか線を引く自体がナンセンス!
ヴァイオリンなどという楽器は、基本的構造は
そんなに難しいものではない!
上を向いたら差は大きいが
ストラディヴァリを作るのは難しいが

普通のヴァイオリンを作るのは、よほどの不器用でなければ
誰でも時間をかけて丁寧に作れば作れる。
家具ではないので どんなに丈夫に美しく作られていても
音が良くないと価値はなんだろう???と思ってしまう。

まず音が良く、それで綺麗で、丈夫で基準で出来ていれば素晴らしい~
そんな感じだろう
基準に出来ていて、美しく、丈夫で 音は普通であったら悲しい♪
昔の名器など バスバーはマチマチ。
ストップ長もマチマチ・・・
好き勝手に自由に作っていた。
規格も比率も合理的だが、
F字孔や、サイズ比率・・・形状の束縛を受ける。

今までにお会いした演奏家の方で、オリジナルに忠実に作った結果、寸法が5mm長かったり短かったり 比率が少し違っていて・・
弾きにくいとか 問題とされた事は無い。Cariploなど350mmしかないが、フルサイズだと思われる。
だからと言って、基準の寸法を否定しているわけではない。
基準を分かった上で、自由に設計する 自由に形を作る。
自由が大切と思う。
(初心者用は基準で作るべき)


本来ヴァイオリン製作者は、良い箱が作れれば
それで良いかも!

久々にグダグダ・・・書いてしまいました。


S氏のヴァイオリンの弦にエヴァ・ゴールド+Eブラカット0.28mmの組み合わせを
どういう音か聞きたかった。豪快に鳴っていた。
ヴァイオリン試奏は三澤裕美子さん
d0040395_21224818.jpg
ほかの弦の選択肢もあったかもしれない。
エヴァ・ゴールドは、最近好印象を持っている。
また
久々で、クレモナのTさんKさんにも会えた!





 


# by cremonakuga | 2017-05-21 21:55 | Trackback | Comments(0)

ヴァイオリンの音創り Cremonakugaは・・・・・

ヴァイオリン作人は、箱を作り、その箱から作れる音色。
その可能な音色にするために 駒の形状を決め、
魂柱を選び立て
アレコレと 思う音色に近づけます。
弾き込まれ
そして経年して 未知の音の世界へ導いてくれます。

Cariploは 昨日魂柱を交換!半年経って改めて音色を修正しました。今日は予想のパワーアッップ。明日はどうか?

d0040395_21424201.jpg

製作者を離れたヴァイオリンは、いろいろな職人さんによって
調整され その音色が保たれます。

しかし、音色、音量は、魂柱の位置だけで
大きく変化します。
また駒を作り替えると
また、音色は大きく変われます。

ストラディヴァリは、駒のほんの少し削っても音が変わると言われます。
新作でも 同様に変化します。

駒、魂柱、弦の組み合わせで、箱自体の性能を最大限に表現できる半面
その真逆も有り得ます。

駒、魂柱など 普通は 専門家の職人さんに頼むしかありません。

製作者は、最初に 「こういう音色」という想定と理想があります。
調整される職人さんは その職人さんの 「良い音」の感性と経験で行います。

量産楽器、半手工楽器、 完全手工楽器などがりますが、
50年 100年前の楽器もあれば、
モダンと言われる楽器
オールドと言われる楽器があり
オールドでも単に古い楽器も有れば、
名器も有る。
真ん中が厚い楽器も有れば、
真ん中が薄い楽器もある。
大きい楽器
小さな楽器

そして調整しても 次の日には変化します。
良い方向へ変化するように調整したいものです。

作った本人が一番分かる事だけは確かです。

これだけは してはいけない事があります。
それは表板を下がらせない事です。
短い魂柱をそのままでしておきますと・・・・

バスサイドの負担が大きく、下がってきます。
トレブルサイドが下がると、その形で固まってしまいます。
弦を外すと 魂柱が倒れるのは その状態になっています。

これらは 音を聴いて判断するしかありません。
私の場合 大まかには・・・・
E線の開放弦の伸びの長さ、減衰の状態
E線の音質・・張りときらめきは有るか?
E線は1本背筋が通っているか?
E線の下から上まで音が簡単に出るか?
E線の一番上でのフラジオレットで一番高い音域が出るか?
他4弦のフラジオレットは簡単に出易いか?
E線の一番下でのトリルでの音色は普通か?
E線ではハイポジションで金属的な音色が出ているか?

A~Dもチェック!
G線の一番低いエリアでピアニッシモでビブラートが大きくかけられるか??
G線の一番上での音色が硬くないか?
G線でのDの音とD線の音色 強さが同じか
G線は、野球でいうフルスイングできるか?
D線のAの音色 強さと A線が同じか
AのEとE線が近いか
AとEの開放弦を弾いてE線が立つか?
などなど新しい楽器が出来た時はチェックします。
一番高い音域と一番低い音域が予定道理であればほぼ中間は良いようです。
EとGが満足すればAとDも大方問題無いようです。例外もありますが・・・

ヴァイオリンが完成してからの音の調整が一番大変です。
また、調整などで楽器が戻り 駒や魂柱など調整する場合は さらに大変で1週間くらいかけ経過調整します。
なぜなら、その時良ければ良いわけでもなく、その時も良く半年後は更に良くなければなりません。
その時一番良いのが必ずしも、半年後も良いか分かりません。
そんな時の基準は 聞いた人が感動できるパフォーマンスがあるか?

偉そうに いろいろ書きましたが そんなこんなで何時になっても最高の音を目指すと苦労ばかりです。








# by cremonakuga | 2017-05-11 21:43 | Trackback | Comments(0)

Nicolà Amatiを作る Piano Piano 思いを込めて

piano Piano もうひとつ Piano!

Amatiのボルド(渕)の処理を



d0040395_23512120.jpg




ファーシャから2mm弱(1.5mm)に設定しているため、渕の厚さが
思った以上に厚く感じます。
裏で 3.3mm~3.6mm(オリジナルでは2.7mm~3.2mm)
表で 3.4~3.6mm
コーナーで4mm程度
オリジナルは摩耗していますので、その雰囲気は感じる程度で進行中!
パーフリングがオリジナルでは1.5mmで黒・白・黒が0.5・0.5・0.5と
ストラディヴァリに比べますと幅が広く 
かつパーフロングまでの幅が3.5mm程度と狭い。
パーフリングは太いが全体的には極めて繊細です。

そのせいで、渕を余り厚くしますと おかしな雰囲気になってしまいます。
ストラディヴァリとボンバトトゥーラの渕付近のアールが違うため
結構気を使います。パーフリング付近をあまり深く彫るとアールで
内部のパーフリング直近の内側の厚さが維持できなくなってしまいます。
現代にマニュアル通り縁を4mmで作ってしまたら・・・・??
音がまったく別物になってしまいます。
なかなかどうして 簡単そうで、神経を使う場所です。
d0040395_17400888.jpg
パーフリング内側(端から5mm位置)に当たりをつけてみました。パーフリング1.5mm+彫り込み山まで1.5mm+渕まで2mmm=5mm
d0040395_17403752.jpg
ハンドグラインダーで慣性で動いているうちにスクレーパーを当てます。直ぐに回転が落ちるので 何度も 何度も・・・過熱することがないので 安心です。・・・ここでもPiano Piano
のんびりと!何度も 何度も 回しながら・・・・せっかちな人には向きません 電動では 水を付けながらします。
ブルッチャート(焦げ)しないように!
なんか人間的です。停電しても仕事できます!
d0040395_17405293.jpg
d0040395_17410642.jpg
使い古したスクレーパー


# by cremonakuga | 2017-05-11 17:39 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

Nicolò Amati

piano piano 少しずつ作ります。


d0040395_17144408.jpg

# by cremonakuga | 2017-04-28 17:17 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

300年前のクレモナ名器の音は どうしたら再現できるか?

独り言・・・・


ヴァイオリン作り永遠の課題と目標 名器の音を再現する・・・とは・・・

個人的な思いですが、世間ではいろいろ実験したり製品化されたりしています。

①木材を人工的に経年させて名器の音に・・・・
②名器に使われていただろう、もろもろの物質を塗布し名器の音色に・・・
③名器の厚さを完全コピーし名器の再現をする・・・

①には②と③を一緒に考えれば より名器の音色に・・近いだろう・・・
木材を300年人工的に経年しただけでは名器の音にはならない。音響的に厚さを名器とおなじにしないと違う。

経年は良い音にはなるが、名器の音とは別なレベル・・それは名器の音がどんな音か?分からないと区別がつけられない。

②も同様だろうと思う。
③は、木材の特性が名器に近い木材を使わないと ただ単にコピーしても誤差が発生するだろう。近い音になる事は正しいと思います。
①を使って③は良く製品化されている。

しかし
③の完全コピーは、同じような特製を持つ材木を使っても、300年で収縮している。ここが一番難しく問題であると思っています。
まぜなら、同じ3mmでも、収縮した3mmと収縮前の3mmでは音響的に違う。
では音響的に同じにして 収縮した3mmと同じ音響強さの3.2mmがあったとする。タップしても同じに響くとしましょう・・・
これも実際に薄い3mmのほうが性能が良い。

特にヴァイオリンの淵のパーフリング付近やエッジの厚さなど音響的に大事な場所を現代基準でエッジ4mm、パーフリング3.2mmなどとしては
折角の内部の厚さを再現しても まったく別な音になってしまう。

科学的にダメージを与えないと言われる方法であっても、300年経って実際にダメージが無い事が証明されなければ信用できない。

結論としては、名器が創られた300年前の状態が創れれば 良しだろう! 300年前に、いろいろ秘密の作業がされたのであれば
その秘密は加えたい。なぜなら現在ダメージではないのだから・・・・と思う。

名器に近い木材性能の木材で、良い材料を使い、対象の名器と近い年輪の木材を選び、厚さより少し厚く加工し、人口的に300経年させ、 そこから名器と同じ厚さに加工し
ニスなど300年前とおなじに塗布する。
駒、魂柱も名器とおなじにセッティングする・・・・・

しかし300年経年させたら もう寿命が来ていることになってしまうかもしれませんね!
せめて100年くらいが適当かも?????


・・・・独り言でした♪




# by cremonakuga | 2017-04-27 17:17 | Trackback | Comments(0)

Nicolò Amati

まだ結構寒い! 寒暖の差も大きい・・・そのせいで春のインフルエンザが猛威をふるっているそうです。
Amatiは表板、裏板の輪郭から膨らみの作業に入っています。
材料が綺麗。 大事に仕上げたい。

時間がかかっても 魅力的なヴァイオリンに仕上げたい。

型にセットされた横板に表板 裏板を留め、ほぼアウトラインを決め・・・。


d0040395_00245507.jpg
d0040395_00181535.jpg




d0040395_00281091.jpg




d0040395_23400558.jpg









d0040395_23381991.jpg
d0040395_23380260.jpg

# by cremonakuga | 2017-04-27 00:11 | ☆ヴァイオリン製作日記 | Trackback | Comments(0)

八千代も桜満開!Yachiyo-Poo川

ひさびさです。
ホームページのプロバイダーが先方の都合でS?f〇B△kになった。
その都合で無線のルーターというのでしょうかS?F△B〇△kに交換をさせられたところ・・・・
電波の不具合が発生し、ほとんどPCが動かない状態に陥っています。
Caffe o Te? などPCを開く事すら・・・ままならず・・時間の浪費が・・・
しかし、やっと桜の写真を載せられます。

何時もアングルです。2017版
八千代新川 勝手に 別名八千代Poo川
d0040395_19445598.jpg
タンポポも咲く
d0040395_19015760.jpg
d0040395_19451726.jpg
d0040395_18590919.jpg
いつもの桜の木
d0040395_19011561.jpg
菜の花も香る散歩道
d0040395_18565474.jpg
d0040395_18574683.jpg
d0040395_18543043.jpg

d0040395_18535734.jpg



# by cremonakuga | 2017-04-10 20:11 | ◆ヴァイオリン工房散歩道 | Trackback | Comments(0)

土曜日は久しぶりに横須賀芸術劇場へ・・ジャパン・ストリング・クヮルテット聞く

ジャパン・ストリング・クヮルテットを聞く
3~4年前が最後で久しぶり横須賀へ・・・・
コンサートの他に横須賀港の潜水艦や
軍艦も見たかった・・・そして横須賀 軍艦カレー
ヨコスカ・ベイ・ポケット
ジャパン・ストリング・クヮルテット vol.8
1st Vn 久保陽子さん
2ed Vn 久合田緑さん
Va  菅沼準二さん
Vc  岩崎洸さん

ベートーヴェン
 弦楽四重奏曲 第2番 ト長調作品18-2
 弦楽四重奏曲 第6番 変ロ長調作品18-6
 休憩
ドヴォルザーク
 弦楽四重奏曲 第12番 ヘ長調作品96「アメリカ」

とても素晴らしく 心地よく音楽を楽しめました。
なんとも言い難し・・・良かった
アンサンブルっていいですね!
若い頃は
1 ヴァイオリンソロ
2 ヴァイオリンコンチェルト
3 シンフォニー
4 室内楽
の順序で好きでしたが
今は音楽を楽しむ意味で順序が無くなりました。
ほぼ同列になってきました。
演奏会終了後、演奏者の方方とお話しをし会場を後にしました。


コンサート前に昼食を・・前回は、横須賀港の公演にあるレストランで海軍カレーが美味しかった。
で・・同じお店に!
有った 有った 
席に着いた。
ウエイトレスさん・・可愛らしく
「カレーはライスが切れてありません!」
ガ~ン 案内前に早く言ってくださいよって気分で
パスタを頼む・・・美味しかった!

コンサート終了後、海軍カレーを食べずして帰宅困難者になる・・・
しかし・・しかし 汐入には無い 無い どこにもない
アメリカ人が多い!横文字看板も多い!

事前リサーチをしておくのでしたと後悔・・・
しょうがない ファミレスで 普通のカレーで我慢しようと決意
・・・・カツカレーしかない!・・・
まだパスタをひきずっていてカツは重い!シンプルなカレー国民食がメニューに無い。
意地になって・・店を出て隣の横須賀中央駅まで移動する。
カレーの街という横須賀、なかなか見つからない・・・・
諦めて遠くを見るとオレンジに輝くネオンが目に入る
やっとあった!
お勧のカレーを頼んだ
サラダ、コーヒーなど飲み物付いてくるのだ!
それに ミルクもグラスで付いてくる。
・・・カレーを食べながらミルクを飲むと後味が不思議に美味しい
??そういう食べ方で良かったかは不明ですが???

横須賀をいらした時は どこかで海軍カレーを試してきたはいかがでしょうか?

横須賀どぶ板通りは・・・
d0040395_00204119.jpg


d0040395_00212748.jpg

d0040395_00211146.jpg







そうりゅう型か?

d0040395_00225301.jpg


海自ヘリ護衛艦 いずも
長さ248m

d0040395_00233866.jpg



海自試験艦 151m

d0040395_00232439.jpg



そうりゅう型か?

d0040395_00240738.jpg


d0040395_00235367.jpg
おやしお型か?

d0040395_00242411.jpg



いずも


d0040395_00243624.jpg


試験艦
d0040395_00245049.jpg
ここで横須賀カレーからパスタに軌道修正を・・・
d0040395_00274894.jpg
d0040395_00250531.jpg
窓の先に潜水艦
d0040395_00252298.jpg
d0040395_00274894.jpg
d0040395_00274894.jpg
すずめがファイダーに収まらず・・素早い!

d0040395_00273013.jpg
d0040395_00274894.jpg
d0040395_00271543.jpg
d0040395_00274894.jpg


いずも
d0040395_00280379.jpg


これは???
d0040395_00283495.jpg
いずも
d0040395_00281836.jpg

国旗
d0040395_00290028.jpg








d0040395_00284812.jpg



汐入駅前の案内
d0040395_00304167.jpg



のどかな公園
d0040395_00302639.jpg
d0040395_00415266.jpg


d0040395_00420460.jpg
横須賀海軍カレー本舗

d0040395_00311043.jpg





# by cremonakuga | 2017-03-27 20:47 | ◆ヴァイオリン・コンサート | Trackback | Comments(0)